気軽にVR!お台場VirtuaLink体験レポ

バーチャルリンク

先日、お台場ダイバーシティ東京にある「VertualLink」というVRレジャー施設で遊んできたので、紹介したいと思います!

ちなみにダイバーシティにはもう一つVRを楽しめる施設があって、そちらを以前に尋ねた時の体験レポはこちらです👇

お台場VR お台場でVR体験!ティフォニウムレポ

こっちの記事には、「VRってそもそも何?」という内容も簡単に書いてあります🖍

本題に入る前に、一つ残念なお知らせです…。

この記事を書くために改めて公式サイトを調べてみたら、なんとVertualLinkは2018年9月30日をもって閉店するそうです!!

せっかく紹介しても遊びに行ける期間が短いのが残念ですが、コンテンツを変更して有楽町に新規オープンするそうなので、今度はそちらで楽しめますね☺

VertualLink基本情報

VertualLinkはプラネタリウムなどで有名な「コニカミノルタ」が運営するVRアトラクション施設です。

公式サイト:VertulalLink

場所 「ダイバーシティ東京」2F
最寄駅 りんかい線の「東京テレポート」駅

ゆりかもめの「台場」駅

チケット代 1500円(web事前予約で10%OFF)
アトラクション ワンダーポッド(宇宙で起こるミッションをクリアする)

映画のように時間指定のチケットになるので、前後の予定が決まっている人は注意してくださいね⚠

一度に36人まで楽しめるので、事前予約しなくてもすんなり入れる可能性が高いです。

サオリ

私の時は、夕方に開始5分前に駆け込んでも入れました…!

ただしweb予約しておくとチケットが安くなるので、どうせ行くなら予約しておいた方がお得ですね🙌

ワンダーポッド体験レポ

アトラクションの概要としては、「宇宙船に乗って、宇宙旅行ツアーを体験。その中で繰り出されるミッションをクリアして行く!」という感じです。

宇宙がテーマなので、チケットの呼び名も「搭乗券」。お土産ショップに宇宙食も売っていましたよ〜!

奥に見えるのが宇宙船(ポッド)。椅子です。これに座ってVRを体験します☺

ふかふかのクッションなので座り心地がとってもよかったです(笑)

宇宙旅行ツアーという設定なので、スタッフさんがツアーコンダクターになりきって色々と説明してくれます。

ヘッドホンやVRヘッドマウントディスプレイの装着は自力でしなければいけませんが、説明も丁寧ですし、わからなかったらすぐにスタッフさんが呼べるので安心です✨

2人乗りの船という設定なので、基本的には2人一組で協力プレイをする形になります。

サオリ

1人や奇数で行った場合は知らない方と組むことになるんでしょうか…ちょっと確認できていませんが、お互いヘッドマウントディスプレイをつけいているので、知らない方と組んでも緊張はしないはず!

宇宙旅行ツアーの設定なので、地球から宇宙空間に旅立つところからスタートとします。

宇宙船についているシャッターを開く(映像)と、目の前に広がるのは宇宙空間

360度、ぐるぐる見渡しても銀河が広がっています。世界に入り込めるのはVRの最大の特徴ですね!

ミッションをクリア、ということでいわゆるゲーム形式なのですが、コントローラーの代わりに、視線を動かしてアクションを行います

自分の視線が赤い点になっていて、見つめることで様々なものを選択することができるんですね〜。直感的でわかりやすい操作です。

肝心のミッションの内容は、

  • 地球・月・星座を完成させるパズル(チーム別)
  • 地球を隕石から守る(おそらく全員一つのチーム)
がメインの二つ。

両方とも視線を使ってパズルを完成させたり、隕石から守るためのバリアにエネルギーを送ったり、私たちの操作は見つめ続けるだけです(笑)

ツアーコンダクター役のスタッフさんが丁寧に、ハイテンションで(?)ミッション内容を説明してくれますよ!

ちなみに私たちの回では地球防衛に失敗し、隕石の衝突によって地球がバラバラになるという、悲劇的な結末を迎えました…衝撃的な絵面すぎて笑ってしまいました😅

防衛成功することも可能なはず…皆さんは頑張って成功させてください!(笑)全体で30分のアトラクションです。

体験してみて

おそらく一人で行こうとしている方は少ないかなとは思うのですが…、ワンダーポッドを最大限楽しむためにはやっぱり2人で行くのが一番です!

ミッションが協力プレイということもありますし、VRヘッドセットをつけても相手の姿を見ることができるので、VRの世界に入りながらも一緒に楽しむことができます。

ちなみに服装は宇宙服です。自分の服装も下を見ると確認できますよ👌

さらに、序盤に星座を選ぶ機会があるのですが、選んだ星座が頭の上にのるというイベントがあります。

例えば蟹座なら、頭の上にデフォルメされたカニが乗ります(笑)

自分の頭上はなかなか確認できないのですが、相手の星座は見やすいので見ているだけで面白いです。

そして、ヘッドホンはつけていますが一応ペアの人と普通に会話はできるので、おしゃべりを楽しみながらアトラクションに参加できます。

サオリ

と言っても、ヘッドホンを付けていると音量の調整が難しいので、なかなか会話は難しいと思いますが…

肝心のミッションの内容は、目線を使うだけの簡単な内容ですが、時間制限があるのでいい感じの難易度になっていると思います!

特に隕石から守るミッションは「隕石落ちたらやばい!」という焦りが生まれて、スリルも感じつつ楽しめました。

隕石の大きさもかなりあるので、VRの世界に入り込んでいると臨場感もありますよ〜!

近未来的な内装も相まって、アトラクションとしての満足感は高いです✨

ただ一つ残念なのは、映像の荒さ

せっかくの宇宙空間なのに、星の綺麗さや地球の美しさが今ひとつでした。

テレビやプラネタリウムで高精細な宇宙のイメージ映像に見慣れてしまっているので、もうちょっと綺麗になったらもっといいのになあ、と思います。

映像の繊細さは以前に体験したVRでも感じたことなので、VR全体の課題なのだと思いますが…これからの技術の発展に期待です!

ちなみに、時間も短時間ということもあってか、いわゆる「VR酔い」は全くありませんでした!椅子にゆったり座って体験できるのも良かったです。

VR酔いの主な原因は、「視覚と感覚のずれ」と言われているようです。

例えばVRで「車に乗っている」映像を見ている(視覚)のに、「車に乗っている」感覚がしない(振動、カーブの傾きなど)というずれによって酔ってしまうことがあるみたいなんです。

ワンダーポッドは自分から視点を動かさない限り動きはないので、その点酔いづらいVRだと思います!

まとめ

気軽に楽しめて親しみやすいVRとして、優秀なアトラクションじゃないかなと思います。

上にも書きましたがVR酔いは起こりにくく、ホラー要素やアクション要素もないです。ディズニーのアトラクションに感覚的に近いです🙌

VRの主要コンテンツってホラーやアクションになりがちなのですが、私はホラーもアクションも得意ではないので、なかなか体験できるVRがなくて…

でも、このワンダーポッドはとっても楽しむことができました!

正直、30分1500円はお安くはないですよね。誰にでもオススメできるわけではないですが、初めてVRを体験してみたい!という人にはオススメです。

ミッションを達成していくタイプのため、ただ世界に入り込むだけではないので、どんな人でも楽しめるかな〜と思います。

お台場のワンダーポッドは2018年9月30日までですが、有楽町にオープンしたらそちらも行ってみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA