服装のポイントも!チームラボプラネッツデート徹底レポ

チームラボプラネッツ、TwitterやInstagramでもよく見かけますよね。私はデジタルアート系が好きなので、オープンした当初からチケットもまだ取っていないのに、行くのが楽しみで仕方ありませんでした(笑)

少し前ですが、やっと行けたので体験レポ的なことを書いていきますね!これから行く、行きたい、という人は服装や持ち物の注意点も書いたので、参考になれば嬉しいです。

2020年秋までのオープンなので、気になる人は今すぐチケットを取ってしまうのがオススメですよ〜!

 

注意
こちらの記事で書くのは豊洲にある”チームラボプラネッツ”です。お台場にあるのは”チームラボボーダレス”で、違う施設となります。

チームラボボーダレスについても前に記事を書いたので、プラネッツではなくボーダレスだった!という場合はこちらの記事もどうぞ👇

ボーダレスアイキャッチ 徹底レポ!チームラボボーダレス[お台場]

基本情報

公式サイト:https://www.teamlab.art/jp/

営業時間

平日:10:00~22:00

土日祝:9:00~22:00

アクセス

ゆりかもめ新豊洲駅徒歩1分

有楽町線・ゆりかもめ豊洲駅徒歩10分

チケット代金

平日:大人2700円・大学生2200円

土日祝:大人3200円・大学生2500円

ナイトパス(平日限定/19:00~):大人2400円・大学生2000円

チケット代の「大学生料金」ですが、学割キャンペーンが行われているのはこの記事を書いている2019年4月現在です。終了する場合もありますので、ご注意ください!

チケットは入場日時指定制です。時間は30分刻み。入場の時間が指定されているだけで、施設内には何時間でも滞在できます👌チケットは会場で当日券も販売していますが、サイトでの事前購入も可能です。事前購入した場合はQRコードの形式でのチケットになります。

万が一事前購入分のチケットが完売した場合は、当日券は販売されない可能性があるので、事前に買っておく方が安心かも。

 

私は合計で4時間ぐらいいたのですが、おそらくかなり長居した部類です(笑)

サオリ

早い人は1時間半ぐらいで見終わるのではないかな?と思います

平日限定のナイトパスは19時からなので、ナイトパスの利用でも十分満喫できると思います。が、混雑はしているかもしれないので、そこは覚悟した方がいいかも…!ちなみに私は平日の昼過ぎに行ったら程々に人がいる、という感じで快適でした☺️

チームラボプラネッツは「豊洲」にある、と広告でイメージがあったのですが、実際には「新豊洲」駅が最寄りです。豊洲駅からも一応歩けるみたいですが、豊洲駅から新豊洲駅はゆりかもめで1駅なので、あんまり豊洲駅から行くメリットがないですね😅

鏡・水・光…体験したことのない世界!

チームラボプラネッツ、2度目の開催なんです。2016年の夏、フジテレビのイベント「お台場みんなの夢大陸2016」の中で開催されていました。私はその時も行ったのですが、今回豊洲で開催されているチームラボプラネッツ、さすが2回目というべきか、パワーアップされていました…!

まずプラネッツ内の全体的な構成ですが、大きな部屋がいくつかあって、部屋そのものというか、一つの部屋に一つの作品空間が広がっているというイメージです。

壁、天井、床が全て鏡になっている部屋も多いので、ものすごーーく部屋が広く感じられて、圧倒されてしまいます。

館内では裸足になって見て回ることもあって、なんだか異世界に紛れ込んだような気持ちに。うまく言えないですが、現実を忘れて、ちょっと開放的な気持ちになれるんです。このうまく言えない感覚はとても独特なので、ぜひ体験してみてください…!

これは広告でもよく見ると思うのですが、膝丈ぐらいまで水に浸かって楽しむ作品です。

そしてこれもよく見かけると思います。部屋全体が鏡ばりの、光の世界。

どの作品も他の場所では体験できない世界です…。大きく分けて5つほど部屋があるのですが、どれもタイプの違う作品でそれぞれに感動してしまうはず!

ちなみに私は上に載せた写真の作品はもちろん、最後の作品が特に好きでした☺️「Floating in the Falling Universe of Flowers」という作品名らしいです。タイトル通り、花の宇宙に紛れ込んでしまったような感じ。自分が小さな存在になって、作品世界にどっぷり浸かってしまうタイプの作品でした。写真があまりうまく撮れなくて申し訳ないです…

服装には要注意!

タイトルにも書きましたが、チームラボプラネッツに行く時の服装の話です。

先ほどの写真でも紹介しましたが、水の中に入る作品もあるので、ちょっと服装には気をつけたほうがいいスポットになります💡

いくつかあるので、順番に紹介していきますね!

靴下は脱ぐこと覚悟で

館内は裸足で楽しむようになっているので、入る前に靴下を脱ぐ必要があります。

実際に入る前に大きなロッカールームがあって、そこで脱ぐことが可能です🙆‍♀️ちなみに、基本手荷物ナシで入場するシステムなので、そのロッカールームで荷物を預けることになります。もちろんカメラ等はOKで、スマホを入れる首から防水ケースは全員に無料で貸し出ししてくれますよ〜!

というわけで靴下&ストッキング/タイツなどは脱ぐことになるので、そこは覚悟しておいてください!あまり多くはないですが更衣室も用意されているので、ストッキングやタイツはそこで脱ぎ着は可能です。が、土日で混雑している場合はロッカールームも混雑している可能性があるので、注意してくださいね⚡️

ボトム丈と鏡対策

館内は床が鏡になっている作品もあります。つまり、スカートなど裾が広がっている系のボトムだと中が見える可能性が大いにあるんですよね…!

チームラボプラネッツでは、スカートの中でも履ける簡易的なショートパンツを貸し出ししているので、スカート派の方は遠慮なく借りちゃうといいと思います👌ちなみに私は私物のショートパンツを履いて行きました(笑)

サオリ

もちろんショートパンツの脱ぎ着にも更衣室が借りられます!

床が鏡なら、パンツを履いていこうかな〜という場合も実は要注意です⚠️

なんども紹介している水の中に入る作品、結構深いです。大人の膝下ぐらいまで浸かります…!スタッフさんにも、「膝ぐらいまではボトムの丈を上げておいてください」と説明され、部屋に入る前に確認してくれます。

夏場とかでショートパンツで行く!という場合は問題ないですが、そんな人ばかりではないなず。

パンツを履いた場合は裾を折り曲げてあげることになるので、硬いデニムパンツなど、裾を折り曲げづらいボトムだとかなり大変だと思います💦

かといってガウチョパンツ・スカーチョなどのゆるゆるとしたボトムも、逆に裾を上げてもすぐ落ちてきてしまうと思うので、気になってしまって素直に楽しめなくなってしまうかも…

もちろんスカートの場合、ウエスト部分で折って裾をあげるにも限界があると思うので、ロングスカートは避けたほうがいいと思います…。

何より、写真を撮った時にもっこりしてしまいますよね😢

適度に上げやすい硬さの(スキニー)パンツか、いっそ膝上のスカートを履いてショートパンツを中に履くのがオススメです!✨

“ちょっと”暖かくがオススメ

私は2月の雨の降っていた日に尋ねたので、そもそも少しヒンヤリする日だったのですが、館内でもちょっとヒンヤリ感を感じました。

というのも、やっぱり裸足で鏡の上に立ったり、水の中に入ったりすると、どうしても体温が下がっていくんですよね。こればっかりは仕方ないです😓

水の中に入る作品は、冬仕様なのか水が少し暖かくて嬉しかったのですが、長時間浸かっていると流石に…ですね(笑)

ロッカーにアウターを預ける人がほとんどだと思うので、中があんまり薄着だとちょっと冷えるかもしれません…寒がりさんは気をつけてくださいね!

さいごに

どちらかというとこれから行こうと思っている人向けに書いたのですが、特に予定のなかった人も、行ってみたい!という気持ちになってくれたら嬉しいです。

チームラボプラネッツ、お台場にあるボーダレスに話題性が負けてる気がするのですが、館内は全く負けていなくて、とっても楽しいのでぜひ尋ねてみてくださいね✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA